コミュニケーション

再びのIt Takes a Village


久しぶりの投稿です。ブログをお休みしていた間に母になりました。

母になるー。そう、書いてしまえばとても、とても短いこの言葉の意味するところをわたしは、どれだけ言葉を尽くしても尽くせない気がするので今はおいておきますが。。。

大きな変化のなかで、このサイトのタイトルでもあるIt Takes a Villageという言葉を、また違った気持ちで思っていました。

こちらにも書いたとおり、It Takes a Villageとは「村中みんなで」という意味を持つアフリカの諺。
It takes a village to raise a child.”(ひとりの子どもを育てるには村中みんなの知恵と力が必要だ)という文脈で使われることが多いそうです。

もちろんこれまでもずいぶん感じていたし、感謝もしていたけれど、今改めて
「人間ひとりじゃ生きられない」ということを実感しています。

生まれたての新生児でさえ周囲との関わりを持ち、支えられ助けられることで
その命を輝かせること。
誰かが存在することでわたしが生かされているということ。
わたしという人間が存在することで周りに何らかの変化を及ぼしているということ。

そう、コミュニケーションとはいのちの本質。

再びのIt Takes a Village。
ひとりの子どもを育てるなかで感じたこと、今後も綴っていけたらと思っています。