聞く力

コミュニケーション能力のベースとなる「聞く力」|よく「聞く」ためのコツとは?


 コミュニケーション能力と「聞く力」の密接な関係

コミュニケーション能力は、私たちが生きていくうえで欠かせないものだ。「生きること」そのものと言ってもいいかもしれない。

それでは、コミュニケーション能力とは一体何だろう?具体的な能力という側面に注目すれば、「読み、書き、聞き、話す力」と考えていいだろう。

ここでポイントとなるのが「聞き、話す」力コミュニケーションとは、聞く・話すまで含んだものだということを改めて押さえておきたいどうしても聞き、話す力は後回しになりがちだ。これは私たちが受けてきた教育の影響も大きい。読み、書く力は、小学校からある程度長い時間をかけて学び、実践してきた。しかし聞き、話す力は、ほどんどの人が体系的に学んだ経験はないのではないだろうか?

最近では小中学校の「プレゼンテーション」や「ディベート」の授業などで、話す力の育成が始まっているが、聞く力はそもそもスキルとして認識されていないのが現状だ。

私が聞く力の重要性に目覚めたのは、社会人になり記者として現場に配属された直後のこと。記者の仕事は「書く」ことだと思っていた。入社試験でも論文が重視されたし、研修でもそれはそれはたくさんの原稿を書いた。しかし、実際に現場に飛び込んでハタと気づいたのだ。

記者の仕事って、聞くことじゃないか!

と。

取材は、聞くことから始まる。とにかく聞く。おばあちゃんにも幼稚園児にも。
高齢化が進む村の特集のため、取材をしていた時のこと、本題は高齢のひとり暮らしの不安について聞きたいのだけれど、訪ねたおばあさんは、孫の話ばかりでなかなか本音を語ってくれない。でもその向こうにある何かに耳を澄ましてひたすら聞く。1時間、2時間が経ち

「具合が悪くても私ら病院にも行けないでしょ・・・」

とぽつりぽつり話しはじめた時、「聞けた!」と思う。
そんな時は、いい記事になる。逆に、よく聞けなかった取材でいい原稿になったためしはない。

今も取材を仕事としているが、「よく聞く」ことを常に心がけている。
なかでも、下記の3つは特に重要だと思うことだ。

よく聞くための3つのコツ

1.  興味関心を持って聞く

いきなり興味関心を持つのが難しいなら、きちんと相手に敬意を表して聞きたい。面白いもので、興味関心を持って聞くと本当に興味関心が湧いてくるのだ。興味関心が湧くと、話の内容も記憶に残りやすくなる。

2.  メモを取りながら聴く

メモを取ること自体が「話を聞いている」というアピールになる効用もあるが、メモをすると記憶に残りやすいのは確か。聴いたことを整理する気持ちでメモを取るようにするといい。個人的には、罫線が入っていない真っ白なノートを使い、紙上で話を再構成するのがオススメ。

3.   相手の言葉を繰り返す

教育学の実習で「相手が自分の話をちゃんと聞いてくれている」安心感を、最ももたらしたものは「繰り返し」だった。繰り返すためには相手の言葉をまるごと聞く必要があるので、実際にはいちいち繰り返さなくても聞き方は大きく変わる。

 

日常的に行っているけれど、普段意識しないもののひとつが聞くことだと思う。ちなみに、「聞き上手」な人は「話し上手」でもあることが多い。聞くことからまずは始めてみるというのもいいかも。